大野市で産出する化石は古生代から中生代まで幅広く、
約3億年にわたる地球と生命の歴史が記録されています。

大野市の地質

大野市には、古生代から中生代までの地層が分布し、それぞれの地層から化石が発見されています。それらは学術的に重要な地層で、明治時代から地質や産出する化石を対象とした調査研究が行われています。古生代の化石は、飛騨外縁帯構成岩類から産出し、三葉虫、フズリナ、サンゴ、ウミユリ、腕足類などの化石が発見されています。中生代の化石は、手取層群から産出し、アンモナイト、ベレムナイト、イノセラムスなど海に生息する生き物や、恐竜や貝、シダの葉など陸上に生息する動植物の化石が発見されています。

地域で見る大野市の地質

地図
  • 891c2e火成岩
  • ea6565面谷流紋岩類
  • 910782林谷安山岩類
  • d9eac4手取層群 石徹白亜層群・赤岩亜層群
  • cee9f9手取層群 九頭竜亜層群
  • fff57f美濃帯
  • edcde1飛騨外縁帯
  • 103e20飛騨変成岩類

大野市は日本でも有数の「化石の宝庫」です

明治15年、大野市下山で日本で初めてのジュラ紀のアンモナイトが発見されました。
その後の研究では、「シュードニューケニセラス・ヨコヤマイ」と名付けられた、
世界でこれまでに大野市とチベットの2ヶ所でしか発見例のないジュラ紀のアンモナイトも報告されています。
このような研究の積み重ねにより、大野市ではジュラ紀中期から後期(約1 億6600 万年前から約1 億6000 万年前)にかけての
様々なアンモナイトの産出が知られるようになり、現在ではアジアの重要なアンモナイト研究の拠点として国際的に評価されています。
近年では、白亜紀前期(約1 億3000 万年前)の地層から恐竜の歯化石が発見され、北陸地方の重要な恐竜化石の研究拠点としても注目されています。

地質時代で見る大野市で発見された化石

今から約6600万年前

中生代

白亜紀

鳥脚類恐竜の歯

白亜紀前期(約1億3000万年前)

2016年に発見された植物食恐竜の歯です。

トリティロドン類の切歯

白亜紀前期(約1億3000万年前)

哺乳類と姉妹関係にある動物で、大きさは現在のネコや小型犬くらいです。

鳥類の足跡

白亜紀前期(約1億3000万年前)

鳥類の足跡化石としては、日本最古のものです。
※福井県立恐竜博物館所蔵

カメ類の甲羅

白亜紀前期(約1億3000万年前)

カメ類の化石は恐竜化石発見の手掛かりとなります。

シナミア属魚類のガノイン鱗

白亜紀前期(約1億3000万年前)

遊離した鱗などの化石が淡水域で堆積した地層から発見されています。

ミレーネ・テトリエンシス(アイスランドガイの仲間)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

川と海の水が混じり合う河口付近などに生息していた二枚貝です。

メガスファエリオイデス(マメシジミガイの仲間?)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

川や湖などの淡水域に生息していた大型の二枚貝です。

ウニオ(イシガイの仲間)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

川や湖などの淡水域に生息していた二枚貝です。

メラノイデス・ブルガリス(カワニナの仲間)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

巻貝の一種。シジミの仲間と一緒によく見つかります。

ビビパルス・オノゴエンシス(タニシの仲間)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

川や湖などの淡水域に生息していた巻貝です。

エキゼチテス(トクサ類)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

湿った土地に生えているトクサの茎に似ています。茎に種がついたものがよく見つかります。

ニルソニア・ニッポネンシス(ソテツ類)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

中生代に繁栄したソテツ類で、さまざまな形の葉が発見されています。

オニキオプシス・エロンガータ(シダ類)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

現在のタチシノブの葉によく似ています。

クラドフレビス(シダ類)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

中生代を代表するシダ類です。

ポドザミテス・ライニイ(球果類)

白亜紀前期(約1億3000万年前)

現在のマキの葉に似ています。

今から約1億4500万年前

ジュラ紀

ペリスフィンクテス・マツシマイ

ジュラ紀後期(約1億6000万年前)

約1億6000万年前の「ジュラ紀オックスフォーディアン」と呼ばれる時代に生息していました。

シュードニューケニセラス・ヨコヤマイ

ジュラ紀中期(約1億6600万年前)

世界で大野市とチベットの2ヶ所でしか発見例のないアンモナイトです。

パラパトセラス

ジュラ紀中期(約1億6600万年前)

大野市で発見されているジュラ紀の異常巻きアンモナイトです。

フィロセラス

ジュラ紀中期(約1億6600万年前)

殻の表面に目立った装飾があまりないタイプのアンモナイトです。

オキシセリテス・スラエンシス

ジュラ紀中期(約1億6600万年前)

約1億6600万年前の「ジュラ紀カロビアン」と呼ばれる時代に生息していました。

チョファッティア・ラエビラディアータ

ジュラ紀中期(約1億6600万年前)

約1億6600万年前の「ジュラ紀カロビアン」と呼ばれる時代に生息していました。

イノセラムス類(二枚貝)

ジュラ紀後期(約1億6000万年前)

ジュラ紀から白亜紀にかけて海で繁栄しました。

ボシトラ(二枚貝)

ジュラ紀中期(約1億6600万年前)

大野市のジュラ紀アンモナイト産地でよく見つかる二枚貝です。

ベレムナイト類

ジュラ紀中期(約1億6600万年前)

中生代にいた現在のイカの姿に似た生き物です。化石として残るのは、体の固い部分で、「矢石」と呼ばれています。

今から約2億100万年前

今から約2億5200万年前

古生代

今から約3億5900万年前

デボン紀

ケニーテス(ハチノスサンゴの仲間)

デボン紀(約4億年前)

ハチの巣の模様に見えるので「ハチノスサンゴ」と呼ばれています。

ファボシテス(ハチノスサンゴの仲間)

デボン紀(約4億年前)

ハチの巣の模様に見えるので「ハチノスサンゴ」と呼ばれています。

ウミユリ類

デボン紀(約4億年前)

植物のような姿をしていますが、実はヒトデやウニの仲間です。

アトリッパ(腕足類)

デボン紀(約4億年前)

スピリファーという種類の腕足類です。

今から約4億1900万年前

シルル紀

コロノセファルス(三葉虫類)

シルル紀(約4億4000万年前)

古生代を代表する生き物で、大野市では尾の部分が発見されています。
※写真はラバーキャスト

今から5億4100万年前

今から約46億年前 地球誕生